上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泰明小学校のアルマーニ制服問題
2018年4月から入学する生徒を対象に標準の制服をアルマーニにする問題で、外野からの激しい批判を受け、記者会見までされた問題。

なんかいやーな時代になったなと思いました。

自分はこの記事を目にした時に思ったのは なぜ今までしなかったんだろうと思いました。

現実問題として泰明小学校では越境通学が多いのが現状で、あくまで自分がそこの学区内に在住していて通わせている親だったら、高い税金を納めて、そのうちの一部で立派な校舎や質の高い教育を子供に受けさせる環境が提供されているのに自分達よりも安い税金を納めている奴等が、我物顔で「無償教育」を盾に寄生虫のように雪崩込んで来て、自分の子供のために作った教育環境を分け与えなければならないとなったら、学校側に納得できる説明を求めると思います。

こう言う事は良くありませんが、いい加減皆が平等に教育が受けられる、権利があると言う考えをなくすべきだと思います。

確信はありませんが、今回標準服をアルマーニにし、高い制服を採用した理由の一部にはこう言った同じ生活水準を持った子供たち同士が平等に教育を受けるための「足切り」の為にも仕方なかったことではないかと思うのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

ザ・ギフト

Category : 映画

あらすじ

転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。再会を祝いゴードは1本のワインをプレゼントし、その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。次第にその内容がエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになると、周囲で異変が生じ……。


感想
自分が以前住んでいた鎌〇谷のような田舎独特の気持ち悪さを描いたのかと思ったらそうではなかった。本当に人はわからないと思わせるような映画だった。この映画を観終わった時にだいぶ前に読んだ漫画「オールドボーイ」を思い出した。
原作の映画とは内容は異なるが、主人公が原因不明に10年間監禁され、それを監禁した犯人は誰もが知る巨額の富を築いた男で、タイムリミットまでに自分が監禁された理由を導き出せたら自分を殺して構わないと言うサスペンス物語だった。この人が主人公を監禁した理由は、2人は小学校の同級生で当時、男は誰からもいじめは受けていないものの話をしてもらったり遊んだりできず孤独を味わっていた。そして転校した際にも誰からも気づかれなかった。男が転校する前にある音楽の授業で歌のテストがあり、一人ずつ壇上で歌を歌った。その時男が歌を歌うと誰も聴かず自分たちの遊びに夢中になる中、主人公はその男の歌に感動し涙をした。それに男が気づき、何十年もして巨額の富を築き世の中の人間を見返したと喜びに浸る中、一人だけ自分に同情した同級生が頭の中に過り自分の復讐劇を情けで汚されたと感じた男が主人公に復讐を試みたという結論だった。

気持ちは分からんでもないが、人間って怖いかもしれないね。
新潟が被災したときは他人事で何の関心も示さなかった人が、自分の実家が被災した瞬間に騒ぎ立てた神経を疑ったが、今回の発言を聞いて「そう思っている人は沢山いるんだろうねー」と世間に対して嫌みを放ったつもりになっている所を見て余計に疑いが深くなった。
カクテルマシンを作ろうといろいろ調べてみると、自分より10歳も年下の人が自分では理解できないような工作をしているのを見かける。その材料を揃えるために遠くから秋葉原に来たり、その為に都内に就職したりする人もいる。

自分は今までちっぽけな工作をするために秋葉原に通っていると考えるといろいろ宝ならぬ秋葉の持ち腐れをしているなと思う。
141027_01.jpg
インファナル・アフェア


1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は、警視に能力を見込まれマフィアへの潜入を命じられたのだった。やがて2人の青年は、それぞれの組織で台頭していく。そして10年後、警察はヤンから大きな麻薬取引の情報を受け取る。しかし警察の包囲網はラウによってマフィア側に筒抜けとなっていた。検挙も取引も失敗に終わったことで、警察、マフィア双方がスパイの存在に気づいてしまうのだった…。

ハリウッド映画ディパーデットの原作で知られているこの映画。

自分は見た後に

「なんだこのディパーデットに似ているディパーデットより面白い映画は!!」

と思って調べて知りました。


感想
観ていて、応援したくなる側が転々としてしまうほど、面白かった。
ちなみに刑事の潜入捜査官の刑事はアンソニーウォン。この映画ではアンソニーの渋さはあるものの今回はマフィアではなく善人だからより丸く見えた。

プロフィール

K.I+25

Author:K.I+25

最新記事

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Twitter
ブクログ
XIMA

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。